熟女の旦那がいない隙を見計らって……

熟女の旦那がいない隙を見計らって……

出会い系サイトを利用して、逆援助交際をしている。

こんなことが家族に知れたら、とりわけ旦那の耳に入れば、とんでもないことになります。

だから、出会い系サイトを利用している人はあの手この手で、家族の目から禁断の好意を隠そうとするわけですが、具体的にどのような隠ぺい工作が有効なのでしょうか?

せっかくの機会なので、少し考えてみましょう。

まず、出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーと遭う時間帯について。

昼間の時間帯に会う方がいいのか、あるいは夜の闇にまぎれて逢瀬を重ねたほうがいいのか。

気にする人が多いのは当然のことです。

結論を言えば、これは時と場合によって異なる問題です。

必ずしも昼に会えば良いとか夜の方が良いとか、断言できる問題ではありません。

だって、自分の旦那が仕事でいつごろ家を開けるのか、その時間帯によっても、パートナーと密会するために適した時間は変わってくるでしょうから。

ケースバイケース。

自分の夫が昼間の時間帯、仕事で家を空けるなら、パートナーと密会する時間も、昼間の時間帯にシフトした方が良いでしょう。

パートナーにも仕事があるでしょうから、その辺の都合については二人で良くよく話し合ってください。

焦りは禁物ですよ。

密会の場所も、できれば双方の自宅からは遠い場所を設定した方が、後になってから足が付いて発覚するリスクを小さくすることができます。

パートナーの仕事の都合などがあって、どうしても昼間の時間帯に十分な自由時間が取れないという場合、やむを得ず夜の時間帯に会う必要に駆られるということもあるでしょう。

そういう時は、あらかじめ「家族が聞いても不審に思わない、説得力に満ちた言いわけ」を考えておかなければなりません。

例えば、友人が結婚することになったとか、親しい人の母親が亡くなったからお通夜と葬儀に出るとか。

通夜と葬儀に出席するという場合、泊りがけになることも珍しくないので、出会い系サイトを利用して出会ったパートナーと逢瀬を重ねるには、なかなか都合のいいウソになります。

ものすごく不謹慎で罰が当たりそうですけどね。

ただ、どのような言い訳であっても、繰り返し何度も使えるようなものではありません。

家族におかしな顔をされないよう、十分に注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする