熟女情報一覧

礼儀正しい男は熟女にモテます!

礼儀正しい男は熟女にモテます!

最近の若者は礼儀を知らない。

そんな小言を耳にすることは多いと思います。

別に、礼儀を知らないのは若者だけではないのですが、そういった屁理屈はさておき、礼儀正しい男性が女性から高く評価されることは、間違いのない事実です。

男女交際の場でも、やはり礼儀の正しい男性がモテるわけですが、それは、逆援助交際という特殊なお付き合いを考える場合でも同じこと。

逆援助交際とは、援助交際とは違って女性の側から男性に対してお金を支払い、そこからお付き合いが発展していくものですが、自分がお金を受け取る立場にあるからと言って、でかい態度を撮っている男性は、間違いなく嫌われます。

こいつはいったい何様のつもりなんだろうと思われたら、一発でアウトですよ。

なにしろ、出会い系サイトの世界は常に女性を優位な立場において動いているものですから、一人の男をダメだとみなしたところで、その変わりはいくらでも見つかるのです。

だから男性は、一度の出会いを無駄にしないよう、自分にできうる限るすべてのことに神経を注がなければなりません。

礼儀正しさなんて大した問題ではない、と考える男性が意外と多いかもしれません。

しかしながら、その考え方は誤りを含んでいますので、改めるようにしてください。

お金を受け取る側の男性が妙に尊大な態度を取っていると、その有様を見せつけられる女性は、なんだか自分がバカにされているように感じるものなのです。

私なんて、しょせんお金でつながるだけの関係でしかないのか。

わたしはしょせん、性欲を解消させるためだけの道具か。

こんなふうに被害妄想寄りの思考を回転させ始めると、女性は止まりません。

どんどんと思考がマイナスに偏っていきます。

なかなか本人にも止めようがない悪循環です。

自分が大切にされているという実感が持てないと、女性は深く傷つくものなのです。

たとえ、逆援助交際という特殊な男女関係であっても、相手の女性を大切にしているということは、欠かさず態度で示すようにしましょう。

そのこまめな誠実さは、必ず相手の女性に伝わります。

お金目当てじゃなくて、この人は本当に私を大事にしてくれている。

なんて優しい人なんだろう。

そんなふうに考えてもらえれば、男としては一歩前進といったところでしょうか。

熟女に「責任とって!」と言われないために……

熟女に「責任とって!」と言われないために……

何のために「コンドーム」と呼ばれる避妊具があるのか。

そんなことは今ここで深く考えるまでもないことで、単純に望まぬ妊娠を避けるためです。

これを装着して性行為を行えば、避妊率はほぼ百パーセントです。

わざわざ「ほぼ」という言葉を使ったのは、装着のミスによるトラブルがしばしばおこっているからです。

行為に及ぶ前には必ず、コンドームの正しい使用方法を確認しておきましょう。

特に、出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーと性行為に及ぶ際、コンドームは必須アイテムです。

結婚を前提として付き合うカップルでない以上、望まぬ妊娠は是が非でも避けなければなりません。

そんなことは当然ながら、多くの人がきちんと理解できているはずです。

ただ、コンドームを装着した状態では十分な満足を得られないというような不平を洩らす人が、たまにいるんですよね。

満足もへったくれもありません。

四の五の言わずコンドームは絶対に付けるべきです。

ところが、少しでも気持ちが揺らいでいるところへ「ゴムは別に付けなくてもいいよ。

今日は大丈夫な日だから」というような甘いささやきが、女の子の方からもたらされたら、どうしますか。

平常心を保ったまま、冷静な気持ちでゴムを装着することができますか。

恐らく「本人が大丈夫と言っているのだから、無理をしてコンドームを付ける必要はないだろう」というふうに油断をしてしまう男性が多いのではないでしょうか。

もちろん、誘惑に負けてしまう気持ちは分かります。

生はやっぱり気持ちが良いですから。

生ビールがおいしいのと同じでね……と、これは全く関係のない話ですが。

とにかく話を戻すと、生でさせてもらえるなら、ぜひその言葉に甘えたいと考える男性は多いでしょう。

しかしながら、そこにとてつもなく大きな落とし穴があるのです。

女の子の甘い言葉に乗せられて、本当に生で中出ししたとします。

その時は気持ちがよくて満足でしょう。

そうではなく、重要なのは「やった後」のことです。

少しあとになってから、出会い系サイトを利用して知り合った女の子から電話がかかってきます。

あるいはメールによる連絡かもしれません。

とにかく、女の子が伝えてくる内容はだいたいこんな感じです。

「中出ししたからかなあ。

できちゃった。

責任とって」
この言葉を伸しかけられて、上手く言い逃れができる男性がいるなら、ぜひとも私の元に連れて来てください。

恐らくはいないはずです。

責任とって。

この言葉の重みは絶大です。

おろすにしても生むにしても、お金は絶対に必要。

だからこそ、男性は指定された銀行口座に、多額のお金を振り込むことになるのです。

この話に落ちを付けるなら、たいてい女の子は妊娠していません。

つまり、男性としては大金をだまし取られたことになるのですが、そんなことはまさか知るよしもなく……

だから、なにが言いたいのかというと結局、トラブルに巻き込まれないためにも、きちんとコンドームを付けましょうねという話です。

宣伝・:熟女サイト